ホーム > あれ? おかしいな… > パーキンソン病が疑われる症状

パーキンソン病が疑われる症状

最近、「動作が遅くなる」「手足がふるえる」などからだの変化に気づくことはありませんか。
これらは、パーキンソン病が原因の症状かもしれません。
パーキンソン病は、ドパミンという物質がうまく伝わらなくなることで、からだの動きが悪くなったり、こころに影響があらわれる病気です。

パーキンソン病では、主に次のような症状があらわれます

運動症状

手、足、あごなどのふるえ
動作が遅い、動けない
手足の筋肉がこわばる
からだのバランスが悪く、倒れやすくなる

非運動症状

気分の落ち込み、注意力の低下
便秘、頻尿、立ちくらみ
その他の症状:不眠、日中の過眠、においを感じない、疲労など

これらの症状に気づいたら、早めに主治医、または神経内科などの医師に相談してください。

次へ進む

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright © 1995-2018 Takeda Pharmaceutical Company Limited.
All rights reserved.

ページの先頭へ戻る