ホーム > あれ? おかしいな… > 早期診断・治療の重要性

早期診断・治療の重要性

パーキンソン病は何年、何十年という単位でゆっくり進行する病気で、患者さんによって進行のスピードは異なります。さまざまな治療法も可能になってきていますが、まず、大切なことは「早めに気づく」ことです。

少しでも早く、症状に応じた適切な治療を始めることで、病気の進行を遅らせることができます。これまでと変わらない生活を、より長く続けていくためにも、早期診断・治療が重要です。

前へ戻る

次へ進む

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright © 1995-2018 Takeda Pharmaceutical Company Limited.
All rights reserved.

ページの先頭へ戻る