ホーム > パーキンソン病の治療 > 薬物療法の合併症

薬物療法の合併症

ウェアリング・オフ現象

お薬を何年か服用している進行期の患者さんでは、お薬の効いている時間が短くなり、効いていない時間(オフ時間)があらわれることがあります。
この症状を「ウェアリング・オフ現象」といいます。

ジスキネジア

お薬が効きすぎて、意思に反して口や手足、体が勝手に動いてしまう症状を「ジスキネジア」といいます。

前へ戻る

次へ進む

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright © 1995-2018 Takeda Pharmaceutical Company Limited.
All rights reserved.

ページの先頭へ戻る