ホーム > パーキンソン病の治療 > 機器を使用する治療法

機器を使用する治療法

薬物療法で症状のコントロールが難しい場合、または副作用が強くあらわれたりする場合には、機器を使用する治療法を選択する場合もあります。

脳深部刺激療法(DBS)

脳内に電極を植え込み、持続的に電気刺激を与え症状を改善させます。

レボドパ・カルビドパ配合経腸用液療法

携帯型注入ポンプで、お薬を胃ろうから小腸へ持続的に投与します。

前へ戻る

次へ進む

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright © 1995-2018 Takeda Pharmaceutical Company Limited.
All rights reserved.

ページの先頭へ戻る