ホーム > パーキンソン病の治療 > 研究・治療の進歩

研究・治療の進歩

パーキンソン病の研究はめざましく進歩し、治療薬も進化を続けています。
現在では、治療を受けているパーキンソン病患者さんの寿命は健康な方とほぼ変わりません。
適切な治療を行えば、病気の進行を遅らせて、日常生活をおくることができます。

さらに次のような方法の研究・開発が進められており、将来の実現に向けて研究が進められています。

iPS細胞

近年、開発研究が進められている新しい治療法です。iPS細胞がさまざまな細胞に変化できることを利用して、パーキンソン病により減少した神経細胞を、iPS細胞から作成した神経細胞で補うという治療法です。

遠隔診療サービス

通院困難なパーキンソン病などの患者さんが、身体的・経済的な負担を軽減できるように、タブレット端末などを利用して、遠隔診療を受けられるサービスが一部の施設で始められています。今後のさらなる普及が期待されています。

前へ戻る

次へ進む

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright © 1995-2018 Takeda Pharmaceutical Company Limited.
All rights reserved.

ページの先頭へ戻る