ホーム > パーキンソン病の治療 > 日常生活動作(ADL)の工夫

日常生活動作(ADL)の工夫

患者さんの暮らしの工夫

監修:順天堂大学医学部 神経学講座
准教授 西川 典子 先生

解説協力:国立精神・神経医療研究センター病院
身体リハビリテーション部

毎日の生活の中で、「もう少し楽にできるとイイな」と感じることはありませんか?
暮らしやすさにつながる動作や環境、使う道具のちょっとした工夫をご紹介します。

大阪府作業療法士会 発行

パーキンソン病の日常生活動作の工夫 第2版

パーキンソン病の日常生活動作の工夫

発行
一般社団法人 大阪府作業療法士会

前へ戻る

次へ進む

ご利用に際して個人情報の取扱いについて

Copyright 1995- Takeda Pharmaceutical Company Limited. All rights reserved.

ページの先頭へ戻る